ウインドリバーニュースルーム

ウインドリバー、自動運転およびコネクテッドカーに向けた次世代ソフトウェアフレームワークを発表

ウインドリバーのオートモーティブおよびエッジクラウドコンピューティング技術により、自動車メーカーのコスト構造革新と自動運転の量産を実現へ

2019年2月22日– ウインドリバー株式会社(東京本社:東京都渋谷区恵比寿1-1-39、代表取締役 マイケル・クラッツ)は、本日、自動車向けに安全性及びセキュリティを提供するソフトウェアWind River Chassis製品群の機能拡張を発表しました。自動運転車は、常に周りの状況を感知し、情報をやり取りしながら、複雑な計算を瞬時に行う必要があるため、ダウンタイムのリスクを避けながら大容量のデータを高速に処理する必要があります。そのため、車載コンピューティングには極めて高い能力が求められます。今回のChassis製品群の機能拡張では、信頼性に優れた超低遅延のWind River Titanium Cloud仮想化ソフトウェアを統合し、要件の厳しいコンピューティングおよび通信ネットワークのニーズに対応いたします。

ウインドリバーのオートモーティブ担当バイスプレジデントのマーカス・マキャモンは次のように述べています。「自動運転業界は、初期の試験的プログラムを終え、実際の商用展開の段階に移行しています。これは、『何ができるか』から、量産段階に入るために『何をすべきか』へと、技術を拡張する必要があることを意味します。技術は、機能的要件を満たすだけでは十分でなく、自動車ビジネスをサポートするものでなければなりません。当社のChassisソフトウェアフレームワークとTitanium Cloudを統合することで、自動車からクラウドまでのコンピュートを単一システムとして提供することが可能になりました。」

ハードウェアの追加や衝撃を受けやすい車載スーパーコンピュータの高耐久化といった、より複雑化する自動車システムの課題に対応するには、従来のアプローチでは自動車の量産コストの増大につながります。コンピューティングの負荷を車からクラウドに移し、エッジクラウドコンピューティングをうまく活用することで、次世代自動車のコスト構造を変革させ、自動運転に求められる低遅延で信頼性の高いデータ処理を実現することが可能です。

マキャモンは次のように述べています。「自動運転を量産化するには、クラウドと車内の両方で、超低遅延で動的なコンピュートアーキテクチャが求められます。エッジクラウドコンピューティングでは、いつどこででも必要な時に複雑な演算ができる、柔軟性に優れたインフラストラクチャーと動的なアプリケーションの展開が求められます。当社のオートモーティブ技術をキャリアグレードの仮想化技術と組み合わせ、ネットワーク内のどこにでも展開できる、柔軟性に優れた安全なクラウドベースのインフラストラクチャーを提供します。」

Wind River Chassis製品群

Chassisは、ソフトウェア、技術、ツール、サービスを一体化し、自動車に搭載するソフトウェアシステムを簡素化して、IoT(モノのインターネット)への接続を管理することを支援します。

Chassis製品群には、市場をリードするリアルタイム・オペレーティング・システム(RTOS)「VxWorks®」、商用Linuxである「Wind River Linux」、Adaptive AUTOSAR向けのソフトウェアサービススタック「Wind River Drive」、インテリジェントなOTAアップデート/ソフトウェアライフサイクル管理ソリューション「Wind River Edge Sync」、製品の安全認証要件を満たす必要がある自動車メーカー支援ツール(コンパイラー)「Wind River Diab Compiler」、シミュレーションツールの「Wind River Simics」などが含まれ、導入のスピードと質の高い製品、サポート、インテグレーションサービスを包括的に提供します。

VxWorks®

市場をリードする高性能なVxWorks®リアルタイム・オペレーティング・システム(RTOS)は、TÜV SÜDのISO 26262 ASIL-D認証済み。様々な業界の350社以上の企業及び500以上の安全性認証プログラムで使用されています。

Wind River Linux

Wind River Linuxでは種々の商用のオープンソースソフトウェアとともに技術サポート、メンテナンスサポートを提供し、お客様が最新の技術革新を活用していくことを支援します。また、ウインドリバーはお客様の幅広いニーズに対応し、複数のLinuxとリアルタイムOSのVxWorksをシームレスに連携させ、オープンソースと、実績のある認証済みのコンピューティングソフトウェアを組み合わせ、安全性と信頼性に優れた、費用対効果高いソリューションを提供します。

Wind River Drive

Adaptive AUTOSAR向けのソフトウェアサービススタックであるWind River Driveを使用することにより、主要なソフトウェアアプリケーションやアルゴリズムをハードウェアアーキテクチャ依存から解放し、セーフティクリティカルなアプリケーションを開発することが可能です。

Wind River Workbench/Wind River Diab Compiler

組み込みソフトウェアデバイス、システムまたはネットワークを構築するための最高水準のツールです。

Wind River Edge Sync

遠隔地からのOTA(over-the-air)更新およびソフトウェアライフサイクル管理のためのソリューション。ソフトウェアとファームウェアを迅速かつ安全に更新することが可能です。

Wind River Titanium Cloud製品群

Titanium Cloudは、厳しい要件を持つミッションクリティカルなインフラストラクチャーアプリケーションに最適な仮想化ソフトウェアプラットフォームです。完全統合された信頼性の高い、迅速に導入可能な仮想化プラットフォームで構成されており、稼働率の高い仮想化サービスを、迅速かつ低コストで導入できます。コンピューティングおよび5Gネットワークの厳しい性能、信頼性、セキュリティ要件を満たすように設計されたTitanium Cloudは、キャリアグレードの信頼性を備えた仮想化アプリケーションおよびサービスを実行するアプリケーションに対応した、ソフトウェアプラットフォームを提供します。

ウインドリバーのオートモーティブ・ソリューションおよび技術の詳細については、同社のサイトをご覧ください。http://www.windriver.com/japan/markets/automotive/

ウインドリバーについて
ウインドリバーは、IoT向けソフトウェアを提供する世界的なリーディングカンパニーです。そのテクノロジは1981年から世界で最も安全でセキュアなデバイスに搭載され、20億を超える製品に使用されています。包括的なポートフォリオは、ワールドクラスのグローバルなプロフェッショナルサービスとサポート、広範なパートナーエコシステムに支えられています。ウインドリバーのソフトウェアと専門性は、最高水準の安全性、セキュリティ、パフォーマンス、信頼性が要求される重要インフラシステムのデジタルトランスフォーメーションを加速しています。詳細については、ウインドリバーのサイトをご覧ください。www.windriver.com/

# # #

*Wind Riverは、Wind River Systems, Inc. および同社の関連会社の商標または登録商標です。記載されているその他の商標は、各所有者に帰属します。

【お問い合わせ先】
ウインドリバー株式会社
東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクェアタワー
マーケティング部
お問い合わせはこちらから